このタイプを好きになった場合、結婚までゴールするのは大変かもしれません。

MENU

【注意】絶食系と断食系

最近多くなった「絶食系」「断食系」の男女。
特に男子が多いと言われています。

 

恋愛を人生から絶食、もしくは断食しているのですから、婚活する人が少ないでしょう。

 

しかしあなたがこの2つのタイプの人間を好きになった場合、結婚までゴールするのは大変かもしれません。

 

今回は、「絶食系」「断食系」の恋愛で注意するポイントをご紹介しましょう。

 

 

「絶食系」と恋愛する場合

 

殆ど恋愛をしない、興味がない「絶食系」男子は、自己中心的な人が多いでしょう。
あなたとデートしても、割り勘は当たり前、荷物を持ってくれたり、あなたが興味がある場所に連れて行くなどの配慮はないかもしれません。

 

恋愛しなくても人生を自己完結しているのですから、恋愛する場合は大切にされない、用事がある時だけ呼びつけられるといった事を覚悟しておきましょう。

 

 

「断食系」と恋愛する場合

 

「断食系」と恋愛する場合、「絶食系」よりもまだ望みはあるかも知れません。
性欲はあり、異性に興味があってもコンプレックスが邪魔して恋愛しないのが「断食系」男子の特徴です。

 

相手のコンプレックスをバカにせず、ありのままの相手を受け入れれば、恋愛は可能になるでしょう。

 

しかし、「断食系」の男性は二次元の恋人と長く付き合っている為、生身の女性を嫌悪する場合が多いので、簡単に付き合える可能性は低いと言えます。

 

 

「絶食系」「断食系」の恋愛の注意点

 

恋愛経験値がゼロに近いのが「絶食系」「断食系」男子です。
30代40代でも童貞という人もいます。

 

女性にとって、自分が恋愛をリードしなければ前に進めない相手ですから、よほど積極的に攻めないと恋愛は難しいでしょう。

 

喉が渇いていない馬にむりやり水を飲ませるのと一緒です。
赤ちゃんを育てる様に手がかかるでしょう。

 

恋愛経験が少ない、という事は、あなたと恋愛がうまく行った場合、有頂天になって他の女性とも試してみたくなるかも知れません。
浮気される事を覚悟した方が良いでしょう。

 

また反対にあなたが浮気した場合、一度信用した相手の裏切りはとことん許さないのが「絶食系」「断食系」の男子ですから、ストーカーされたり別れ話がこじれる場合もあるでしょう。よく注意して下さい。